管楽器リペア

楽器を日ごろから演奏に最適な状態に保ち、より長く楽器をご使用いただくため定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

定期的なメンテナンスでは、修理の伴わない管体クリーニング・オイル補充・全体バランス調整などを行います。

そのほかにも下記のような症状が見られる場合には、調整や修理をご依頼下さい。

  • 音が出ない
  • キィの動きが悪い
  • タンポが変色したり破れたりしている
  • ピストンやロータリーが動かない
  • 抜き差し管の動きが悪い
  • 楽器をぶつけて管体が凹んでしまった

専門的な技術と知識を持つリペアマンがお客様の大切な楽器を心を込めて手入れさせていただきます。

利用料金

当社リペアマンより

人間は体調が悪いと能力を十分に発揮できません。それは楽器も同じです。
安定した美しい音の演奏は、演奏者の演奏技術はもちろんですが、楽器の状態の良し悪しにも大きく左右されます。
お客様が安心してより永く使用していただく為に楽器についてのご質問やご相談、日頃のメンテナンス方法から修理まで
幅広く対応させていただきます。

・木管楽器修理例

1.フルート部分修理例

不良タンポ交換(ヤマハYFL-514の場合)

※単独キィの場合
・全体点検
・タンポ交換✕2ケ
・部品代(タンポ2ケ)
2,000
1,000✕2
480✕2
2,000
2,000
960
合計   4,960
*バランス調整が必要な場合
・全体点検
・タンポ交換✕2
・全体バランス調整
・部品代(タンポ2ヶ)
2,000
1,000✕2
3,000
480✕2
2,000
2,000
3,000
960
合計   7,960

2.クラリネット部分修理例

不良タンポ交換(ヤマハYCL-853Ⅱの場合)

※単独キィの場合
・全体点検
・タンポ交換✕2ケ
・部品代(タンポ2ケ)
2,000
1,000✕2
320✕2
2,000
2,000
640
合計   4,640
*バランス調整が必要な場合
・全体点検
・タンポ交換✕2
・全体バランス調整
・部品代(タンポ2ヶ)
2,000
1,000✕2
2,000
320✕2
2,000
2,000
2,000
640
合計   6,640

3.サクソフォン部分修理例

不良タンポ交換・・・・・フルート・クラリネットと同様

Fより下の音が出しにくい(ヤマハYAS-62の場合)

*キィ修正・キィバランス調整の場合
・全体点検
・キィ曲り修正1ヶ所
・全体バランス調整
2,500
1,000✕1
3,000
2,500
1,000
3,000
合計   6,500
*タンポ・フェルト・コルク調整も必要な場合
・全体点検
・キィ曲り修正1ヶ所
・タンポ調整1ヶ所
・全体バランス調整
2,500
1,000✕1
1,000✕1
3,000
2,500
1,000
1,000
3,000
合計   7,500

・金管楽器修理例

1.部分修理例

*トランペット:ピストンの動きが鈍い
・全体点検
・ピストン調整1ヶ所
2,000
2,000
2,000
2,000
合計   4,000
*ホルン:ロータリーの動きが鈍い
・全体点検
・ロータリー調整2ヶ所
・レバー糸交換4ヶ所
2,000
3,000✕2
500✕4
2,000
6,000
2,000
合計   10,000
*トランペット:抜差管が抜けない(第一)
・全体点検
・抜差管固着修正
2,000
2,000
2,000
2,000
合計   4,000
*トランペット:抜差管が抜けない(主管)
・全体点検
・抜差管固着修正
・(ハンダ分解あり)
2,000
2,000
1,500✕1
2,000
2,000
1,500
合計   5,500
*トロンボーン:スライドの動きが鈍い
(軽度の調整の場合)
・全体点検
・スライド調整A
2,000
4,000
2,000
4,000
合計   6,000
*トロンボーン:スライドの動きが鈍い
(凹み・曲がり等重度の調整の場合)
・全体点検
・スライド調整B
2,000
13,000
2,000
13,000
合計   15,000
*ユーフォニウム:ピストンの動きが鈍い
・全体点検
・ピストン調整1ヶ所
2,000
2,500✕1
2,000
2,500
合計   4,500
*チューバ:ロータリーの動きが鈍い
・全体点検
・ロータリー調整1ヶ所
2,500
3,500
2,500
3,500
合計   6,000
注)上記金額はすべて税抜き表示です。
他修理箇所があれば別途加算になり、調整も内容により金額が変わります。
詳しくは別途お見積いたします。